Category Archives: News (Ja)

映画『解放区』の音楽を制作したこと(+東京試写会のお知らせ)と、映画『わたしたちに許された特別な時間の終わり』について

『解放区』


今年2月にabirdwhaleは映画音楽を制作しました。
太田信吾監督の『解放区』という作品です。
映画音楽の制作は初めてで、制作期間も短くなかなか大変でしたが、納得のいくものを楽しんで作ることができました。
太田監督の作品作りへの、真面目で、真摯、実直な姿勢は、「良い作品を作るために、すべてを捧げる覚悟さえ持っているんじゃないか」と思えるほどで、僕はいつも刺激をもらい、尊敬しています。
その『解放区』の試写会が、今月19日(月)に東京で行われます。直前ですが、事前予約などは必要ありませんのでぜひご検討ください。

【日時】5月19日(月)18:30会場/19:30開演
【会場】『山羊に、聞く?』
   東京都渋谷区代官山20-20 モンシェリー代官山 B1F
【料金】\1,500円+1 drink(親睦会は別料金)
【予約】不要、先着順
【トークゲスト】金子遊(批評家、映像作家)、古谷経衡(評論家)

この試写会の後はしばらく上映予定はなく、劇場公開は来年になるとのお話です。

Twitter
https://twitter.com/kaihoukufilm
Facebook
https://www.facebook.com/kaihoukufilm

『わたしたちに許された特別な時間の終わり』


また太田監督は昨年、2007年より撮影していた『わたしたちに許された特別な時間の終わり』というドキュメンタリー映画をついに完成させました。僕も個人的に観たくてたまらない映画です。
詩人の谷川俊太郎さんからも以下のようなコメントが『わたしたちに許された特別な時間の終わり』に届いています。

〈あらすじ〉に要約できない、細部からもこぼれ落ちる、虚構の手練手管も役に立たない、生きるという事実が、逆説的に映像を支えている。

Twitter
https://twitter.com/wata_yuru
Facebook
https://www.facebook.com/watashitachini
公式サイト
http://watayuru.com/

『わたしたちに許された特別な時間の終わり』は宣伝配給費を支援していただける方を募集しています。
https://motion-gallery.net/projects/watashitachini
志にご賛同いただけるかどうか、ぜひ↑のページ、予告編などをご覧になってみてください。
上記サイトより太田監督の言葉を一部抜粋します。

多くの映画が娯楽として消費されていますが、わたしは映画を通じて、より良い社会づくりに少しでも貢献したい。過去ではなく、これからのこと、未来のことを皆さんと語り合いたい。そのために、この映画を多くの方とシェアしたいと強く望みます。

「ひみつのメールアドレス」ライブ音源の無料配信について

abirdwhale「ひみつのメールアドレス」メンバーの皆さまへ

メンバーの皆さま、ご無沙汰しております。
大変遅くなってしまいましたが、約束しました通り、メンバーの皆さまには
2012年2月20日に代官山「晴れたら空に豆まいて」にて行われたライブを録音したものの一部を近日中にお送りします。

当時(2012年2月20日前後)とはメールアドレスが変わってしまった方は、このホームページの「Contact」よりなるべくお早めにその旨をお知らせください。

abirdwhale「ひみつのメールアドレス」メンバーではない皆さまへ

「ひみつのメールアドレス」とは2012年2月20日以降に、abirdwhaleのライブにいらっしゃった方々だけにお知らせしているメールアドレスで、そこにメールを送ることによって、ライブ音源や優先予約、その他諸々の"特別扱い"を受けることができる試みです。
ですが、現在abirdwhaleが基本的な活動を英国にて行なっていることもあり、国内でのライブは(特別なオファーがない限り)行われません。そこで、今回期間限定で試験的にメンバーの受け入れをオンラインにて行います。
このホームページの「Contact」より、本文「ひみつ」でメールをお送りください。
2012年2月20日に代官山「晴れたら空に豆まいて」にて行われたライブを録音したものの一部をご希望される方は、お早めにご登録ください。
なお、このメンバー特別受け付け期間は予告なしに終了する予定です。

abirdwhale、汐留でワンテイク撮影を行った「YouTubeのための音楽映像作品」を公開

abirdwhaleの新しいYouTubeビデオ作品を公開しました。
再び「Into the Place」シリーズからの作品で、今回の「Place」は東京の汐留です。

【プレスリリース】
PDF版はこちらです: 「abirdwhale film 02」プレスリリース

英国ブライトン、2013年5月26日 — abirdwhale (http://abirdwhale.com/)はミュージックビデオ「abirdwhale film 02 (Into the Place)」を公開致しました。abirdwhaleはブライトンと東京に拠点を置く23歳の音楽家/クリエイターのKakinoki Masatoによるソロプロジェクトです。「(Into the Place)」はサブシリーズにあたり、 abirdwhale filmシリーズの中でも「ミュージックビデオ、ライブパフォーマンス、場所」の3要素の融合を特徴とする一連の作品群を指します。「abirdwhale film 02 (Into the Place)」では東京の汐留に注目しました。ビデオはワンテイク撮影で、音もすべてその場で録音されたものです。

--

「abirdwhale film 02 (Into the Place)」はYouTubeでの表現を第一目的とした映像作品です。楽曲のためのプロモーションビデオではなく、コンサートの記録映像でもありません。YouTube上でご鑑賞いただくことを想定して作られた作品です。
屋外でのライブパフォーマンスという意味においては、この作品はフランスの映画監督、Vincent Moon によって始められた「Take-Away Shows[1. http://en.blogotheque.net/serie/concert-a-emporter/]」に触発され、制作されました。Take-Away Showsのアイデアを拡張し、「abirdwhale film 02 (Into the Place)では「場所」により意識を向けました。

この作品は「abirdwhale film」シリーズの第二作となります。三作目は編集中で、abirdwhaleは現在、英国にて撮影される予定の四作目のための準備に取り掛かっています。

撮影と編集は映像作家、長谷川央明によるものです。撮影は2012年9月に汐留にて行われました。
作品内で演奏されている楽曲はThe Beatlesの「Across the Universe」です。「abirdwhale film 02 (Into the Place)」はこちらからご覧いただけます。
http://youtu.be/VqtT5RShP6w
当作品のスクリーンショット、プロフィール画像、ロゴ画像はこの記事の最下部よりダウンロードしていただけます。

abirdwhaleについて
英国ブライトンと東京に拠点を置く音楽家/クリエイターのKakinoki Masatoによるソロプロジェクト。アコースティックと電子音楽の両方を制作する。彼の音楽の特徴の一つは彼自身の透き通った声で、それは特徴であると同時に彼の多様な音楽性にある種の一貫性を与え、時に画家にとってのサインのような役割も担う。あらゆる分野のクリエイター、メディアと組んで作品づくりを行うことに関心がある。

ホームページ: http://abirdwhale.com/
Facebookページ: https://www.facebook.com/abirdwhale
YouTubeチャンネル: http://www.youtube.com/user/MasatoKakinoki
Twitter: http://twitter.com/_abirdwhale
Email: km [at] localhost/abirdwhale

長谷川央明について
Twitter: http://twitter.com/XlxHiroakixlX
Email: rasen02000 [at] yahoo.co.jp


「abirdwhale film 02 (Into the Place)」に関するお問い合わせ
Email: km [at] localhost/abirdwhale
ホームページ: http://abirdwhale.com/

--

スクリーンショット
Shiodome_logic.mov.Still001

プロフィール画像
abirdwhale_profile_image

ロゴ画像
abirdwhale_logo_whiteabirdwhale_logo_blackabirdwhale_banner_logoabirdwhale_logo_mix

abirdwhale、谷中銀座でワンテイク撮影を行った「YouTubeのための音楽映像作品」を公開

【プレスリリース】
PDF版はこちらです: 「abirdwhale film 01」プレスリリース

英国ブライトン、2012年12月18日 — abirdwhale (http://abirdwhale.com/)はミュージックビデオ「abirdwhale film 01 (Into the Place)」を公開致しました。abirdwhaleはブライトンと東京に拠点を置く23歳の音楽家/クリエイターのKakinoki Masatoによるソロプロジェクトです。「(Into the Place)」はサブシリーズにあたり、 abirdwhale filmシリーズの中でも「ミュージックビデオ、ライブパフォーマンス、場所」の3要素の融合を特徴とする一連の作品群を指します。「abirdwhale film 01 (Into the Place)」では東京の谷中銀座に注目しました。ビデオはワンテイクで、谷中銀座の名物でもある夕焼けの最も美しい瞬間を捉えるために撮影はたった一度のみ行われました。音もすべてその場で録音されたものです。

--

「abirdwhale film 01 (Into the Place)」はYouTubeでの表現を第一目的とした映像作品です。楽曲のためのプロモーションビデオではなく、コンサートの記録映像でもありません。YouTube上でご鑑賞いただくことを想定して作られた作品です。
屋外でのライブパフォーマンスという意味においては、この作品はフランスの映画監督、Vincent Moon によって始められた「Take-Away Shows[1. http://en.blogotheque.net/serie/concert-a-emporter/]」に触発され、制作されました。Take-Away Showsのアイデアを拡張し、「abirdwhale film 01 (Into the Place)では「場所」により意識を向けました。

この作品は「abirdwhale film」シリーズの第一作となります。二作目はすでに制作を終えており、近日公開されます。三作目は編集中で、abirdwhaleは現在、英国にて撮影される予定の四作目のための準備に取り掛かっています。

撮影と編集は映像作家、長谷川央明によるものです。撮影は2012年9月に谷中にて行われました。
作品内で演奏されている楽曲は「シャンゼリゼ」で、フランスのシャンソン「Les Champs-Élysées」を下敷きに新しく日本語で作詞しました。
「abirdwhale film 01 (Into the Place)」はこちらからご覧いただけます。
http://youtu.be/9MxwO0ktV3I
当作品のスクリーンショット、プロフィール画像、ロゴ画像はこの記事の最下部よりダウンロードしていただけます。

abirdwhaleについて
英国ブライトンと東京に拠点を置く音楽家/クリエイターのKakinoki Masatoによるソロプロジェクト。アコースティックと電子音楽の両方を制作する。彼の音楽の特徴の一つは彼自身の透き通った声で、それは特徴であると同時に彼の多様な音楽性にある種の一貫性を与え、時に画家にとってのサインのような役割も担う。あらゆる分野のクリエイター、メディアと組んで作品づくりを行うことに関心がある。

ホームページ: http://abirdwhale.com/
Facebookページ: https://www.facebook.com/abirdwhale
YouTubeチャンネル: http://www.youtube.com/user/MasatoKakinoki
Twitter: http://twitter.com/_abirdwhale
Email: km [at] localhost/abirdwhale

長谷川央明について
Twitter: http://twitter.com/XlxHiroakixlX
Email: rasen02000 [at] yahoo.co.jp


「abirdwhale film 01 (Into the Place)」に関するお問い合わせ
Email: km [at] localhost/abirdwhale
ホームページ: http://abirdwhale.com/

--

スクリーンショット
Yanaka.mov.Still001Yanaka.mov.Still002Yanaka.mov.Still003Yanaka.mov.Still004Yanaka.mov.Still005Yanaka.mov.Still006Yanaka.mov.Still007Yanaka.mov.Still008Yanaka.mov.Still009Yanaka.mov.Still010Yanaka.mov.Still011Yanaka.mov.Still012Yanaka.mov.Still013Yanaka.mov.Still_thumbnailYanaka.mov.Still_thumbnail2Yanaka.mov.Still_thumbnail3Yanaka.mov.Still-facebook

プロフィール画像
abirdwhale_profile_image

ロゴ画像
abirdwhale_logo_whiteabirdwhale_logo_blackabirdwhale_banner_logoabirdwhale_logo_mix

「Time」期間限定公開

新曲「Time」を期間限定にて公開しています。

ダウンロードもできます。価格はドネーション(投げ銭)方式にしました。
アルバム制作のためのサポートをしていただけるのはもちろんありがたいのですが、皆さま一人ひとりの事情が異なることと、音楽の価値が揺らぎつつある昨今の情勢を考えて、今回はこのようにしました。
無料でダウンロードしていただくこともできます。
ダウンロード方法について疑問のある方はこちらの解説サイト( http://bandcampjapan.com/buy/20111127/18.html )をご覧いただくか、コメントしていただければお返事いたします。

次の作品も皆さまにお届けできるよう、頑張ります。

abirdwhaleドネーション(投げ銭)制フリーライブ「ライブを観て、ごはんをつくって、みんなで食べる」

Mita no ie night

「同じ音楽を聴きにきた者同士、すこし仲良くなってみても意外と楽しいんじゃないだろうか」
「コンサートの可能性を拡張するイベント」
「ひとりでライブを観に行って、ライブは良かったんだけれど、なんだか帰り道が寂しいというあの感じを消し去りたい」
「ライブだけを楽しみたい気分の方は、そういった楽しみ方もできるように」

会場は「三田の家」。面白い場所です。三田の家についてはこちらが参考になります。
常識と枠組みを取り払って学び、関わる ~三田の家(東京都港区)~
気鋭の映像作家、長谷川央明氏 (@XlxHiroakixlX)の参加が決まりました。映像を当日ライブと一緒にお楽しみいただけます。

会場:三田の家 http://mita.inter-c.org/
日時:3月20日火曜日(春分の日)
15:00 開場
15:20 イベント開始
16:30 ライブ終了

帰る方は帰る
残った人で買出し(材料費割り勘、500円程度を予想しています)
ごはんをつくる(台所に立てる人数はあまり多くないので、おつかれの方や「料理をちょっと…」という方はのんびりくつろいでいただければ大丈夫です)
食べる
20時頃終了
※時間は予定です

入場無料、ドネーション制(皆さま自身に代金を決めていただきます。0円でも大丈夫です)
定員32人、予約先着順

三田の家ドリンクメニュー
NewImage

はじめての試みなので、至らない部分や予定通りにいかないこともあるかと思いますが、何卒ご容赦、ご協力いただけると幸いです。
ゆるやかな空気をみんなでつくって、それをみんなでゆったり味わう場にしたいと思っています。
--

【参加方法】
https://www.facebook.com/events/281954918540370/
こちらのFacebookイベントページから
「参加」ボタンのクリックと、参加人数のメッセージ(abirdwhale宛)あるいは投稿をお願い致します。

ご予約人数が上限に達するまでは、参加人数の変更がききます。その場合はまたいずれかの方法でご連絡ください。

人数に上限を設定しているイベントではありますが、ご友人やご家族さまももちろん歓迎致しますのでぜひお誘いください。

皆さまと良い時間が過ごせることを楽しみにしております。

2012年2月20日(月) / 東京ライブのお知らせ

【イベント概要】

abirdwhaleとしての初ライブ、個人としてはちょうど1年ぶりのライブになります。
大きな特徴として、このイベントは映画監督、太田信吾氏 http://www.ripple-film.com/top/info.html とのコラボレート企画になっています。
太田監督が各アーティストの楽曲のうちの1曲(場合によっては2曲)に対して作品を作って下さり、当日その曲のライブと一緒にご覧いただけます。
僕にとってもお客さんにとっても、かなり面白いものになりそうなので久しぶりに受けさせていただきました。

会場となる「晴れたら空に豆まいて」は、一般的なライブハウスとはかなり雰囲気が異なるところで、和風テイストの中でゆったり落ち着いた時間を過ごしていただけます。お座敷席もあります。

当日は座席のご用意があり、美味しいお食事も800円ほどでお召し上がりいただけます。場内禁煙、受付付近に喫煙スペースがございます。

富山優子エレクトリックトリオ
オザワタロウ(fromサンゼン)
abirdwhale
ヒナタカコ
田中茉裕
-
<映像作品>太田信吾(映画監督・俳優)

-----
[主催者(「晴れたら空に豆まいて」石内詠子氏)から]
映画監督の太田信吾さんの制作した作品とコラボレートします。
いま話題の劇団「チェルフィッチュ」では、俳優としても活動される太田監督が、
この日のために用意した 「ある視点」の数々。
素晴らしい演奏とあいまって、どんな新しいイメージが立ち現れるのか、乞うご期待です!
-----

2012年 2月20日(月)
開場 18:00 開演 18:30
※abirdwhaleの出演は19:50頃です
前売り(予約)¥2,000 予約なし¥2,500 +1 Drink (¥500)

【場所】
代官山「晴れたら空に豆まいて」
http://mameromantic.com/

※abirdwhaleに関しましては写真、ビデオ撮影は自由です

【予約方法】
このFacebook上のイベントに「参加」していただければ、それで前売りの予約は大丈夫です。
早めにご予約いただけると嬉しいですが、当日正午まで受け付けます。
「参加」お待ちしています。お気軽にどうぞ!
複数枚数を個人で予約していただくことも可能です。その場合は下に書きこんでいただくか、メッセージをお願いいたします。
Facebookユーザーでない皆さまは上のメニューにあるTicketsをご利用ください。

このページは随時更新されます。続報をお楽しみに。